購買力平価説を用いた逆張りFX投資方法

購買力平価説を用いたFX投資方法

 

私の大きな収益源はアフィリエイトですので、
FX投資で心がけているのはまず負けない投資です。
月100%等の大きなリターンは求めていません。

 

利益が狙えそうな時に狙うという手法です。

 

プロトレーダーのように常に利益を求められる
という環境、プレッシャーが無いが故に
FX投資の世界で確実に利益を上げて生きていけているのです。

 

私がFXで負けない投資の為に基本ベースとして使っている手法は
購買力平価と呼ばれる指標を用いたファンダメンタルズ投資方法です。

 

購買力平価とは

◆購買力平価とは、ある国である価格で買える商品が
他国ならいくらで買えるかを 表す交換レートです。
例えばある商品が日本では200円、アメリカでは2ドルで買える
とすると1ドル=100円が購買力平価だということです。

◆購買力平価には通貨の需要や、貿易の際のコストなど
購買力以外の要素もある為、必ずしも購買力=為替レート
になるわけではないが、購買力平価に沿った形で為替も推移する。

 

この購買力平価を深く知る事で、高値掴み等の無理なトレードが減り、
安定した利益を狙う事が可能になります。

 

購買力平価は株取引で言うところの株価の適正値

の購買力平価を知る事で、
ドル、豪ドル、ユーロ各通貨の現在の適正値を知る事が出来ます。

 

適正値を知る事で、
適正値から乖離している時のみにエントリーするという方法を
取る事が出来ます。

 

2007年のリーマンショックや、サブプライムローン問題で
FX個人投資家はこの購買力平価(適正値)を知らないが為に、
大きな痛手を被りました。

 

あの時は、日本の金利が低いことで、スワップ金利も貰えるし
円を売っていれば儲けれるという風潮が蔓延している時でした。

 

当時1ドル=130円を付けようかという円安でも、
その時の大方の見解としてもっともっと円安になるという
見方が多数でしたが、

リーマンショック問題が発覚し、
あっという間に為替は、1ドル=80円へ転落。

 

その時は有識者すらニュース番組で1ドル=30円まで行くなんて
話もしてた位阿鼻叫喚状態でしたが、終わってみればその後為替は
じわりじわりと上げて1ドル=100~110円に落ち着いています。

 

この1ドル=100円~110円というのは、購買力平価が差し示す値になります。
結局はリーマンショック、サブプライム問題時に為替(ドル円)に
起こった現象は購買力平価より乖離しすぎた円安のふり戻しが起こって
購買力平価に値が落ち着いたという現象に過ぎないと言う事です。

 

FXで負けない投資を行う上では、こういった購買力平価のような適正値
を知っておく事で投資の優位性を高めていく事で十分戦えると言う事を
知りました。

 

FX投資を行う上で、この購買力平価のようなデータを持っておく事で
大きなアドバンテージを得ることが出来るようなります。

 

メルマガでは、
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、
この購買力平価を集計していたり、
購買力平価から為替が現在どれ位乖離しているか、
集計してくれているツールも紹介します。

エントリーポイントを視覚的に判断できる
神ツールです。

 

FEファイヤーエンブレムエコーズと覚醒はどっちが面白い?

FEファイヤーエンブレムエコーズ覚醒どっちが面白い?

 

私の場合はエコーズからプレイしました。
エコーズをクリアした後に、覚醒をプレイ。

 

どっちが面白いかと言えば断然エコーズになります。
FE外伝のリメイクがエコーズですが、外伝の懐かしさもあってエコーズは非常に面白かったです。
正統なファイヤーエンブレムのシリーズ物という感じです。

 

ダンジョン散策がアクションRPGみたいな感じで賛否あるようですが、私はあのシステムは好きです。むしろもっと入り組んだダンジョン構成でも良かったくらいです。新作FEでもああいったダンジョンがあると良いとすら感じています。

 

FE覚醒については、前評判、レビューを見ていたのである程度覚悟してプレイしましたが、まあそれなりに楽しむ事は出来ましたというレベル。しっかりとFEっぽさはあります。

 

ただ、ダブルという連携システムが癖があるので、団体での戦略性が乏しく、ごり押し感が強いです。

 

ストーリーに関しても、エコーズの方が引き込まれます。覚醒はクリア後になにも残らない感じが強いです。
FE覚醒もストーリーは良いと聞いていましたが、あくまでその後のFEifと比べてストーリーは良いといった感じなので、FEifのストーリーがクソ過ぎるのかもしれません。

 

FEのifは手を付けていません。

 

ストーリー、戦略性、FEの世界観ともに私はエコーズが面白いと思います。

 

FEシリーズの次回作はスイッチで発売が決定しているようなので、かなり長い待ちが必要ですね~。

ユーチューバーのヒカル 画像著作権違反でウーム、ヒカキンに謝罪

ユーチューバーのヒカル 画像著作権違反でウーム、ヒカキンに謝罪

著作者: Skley

 

私の尊敬しているユーチューバーのヒカルさんが、ユーチューブ動画に使ったサムネイル画像(薄くモザイク加工処理済)にヒカキンさんの画像を引用して使ったということで、ウーム株式会社(ヒカキンさん所属)から著作権侵害行為のお叱りを受け画像の修正と謝罪動画を出しました。(その後、謝罪動画を削除。これもおそらくウームからの指示かな。)

 

 

ヒカルさんはお叱りと可愛いげに言っていますが、こういった場合のお叱りはガクブルレベルのかなり強めの文言で送られてくるものです。重大な違反してますよね+削除しないと訴訟しますよという警告だったと思います。

 

 

ヒカルさんの場合サムネイルにモザイク加工もかけているし、動画の構成の中で軽い洒落として使っているので、著作権侵害に関しては軽微なものでに感じますし、ウーム側の対応がちょっと厳しめな気もしますが、ウームという社会的な責任を背負った大手事務所という事と、ヒカルさんの影響力増大も愛重なって、ヒカルさんの最近の飛ぶ鳥を落とす勢いに警戒感を示しているようにも感じてしまいます。

 

 

私の場合は、ブログという媒体での出来事ですが、同じ様に他サイトからの画像の引用で、著作権違反のお叱(訴訟レベル)という流れを直近で経験していますし、その後和解、ブログ上で謝罪しましたが、先方から謝罪記事は削除して下さいという流れがあり、ヒカルさんとまったく同じ流れだったので、ちょっと親近感が沸きました。

 

ウームの言い分は法の遵守の意味で保護されているものですので、
色々な団体が、Deneのキュレーションサイト著作権侵害事件以来、業界の健全化に動いている節があるので、皆さんも他人事ではないですよ。

 

画像の引用には最新の注意をしましょう。

DeNA事件 テレビメディア対webメディア

DeNA事件 テレビメディア対webメディア
dene
画像出典元:http://toyokeizai.net/articles/-/84768?amp_event=related_4

 

結構前のDeNAの健康情報サイト「WELQ」でのメディアの報道について

 

私はDeNA側は反省するべき点こそあれ、
テレビメディアからあそこまでたたかれる内容ではないと思っている。

 

「テレビメディアよ、あまえらも同じ穴のムジナだろうと」
考えているからです。

 

そもそも視聴者側はこの問題をどこまで理解できているのか?

 

まずDeNAの今回の問題点としては、

●webメディアのサイト内に検証が不十分な掲載内容がある。
●その記事の大半は委託ライターさんが他サイト記事のリライトを行った記事である。
●ライターさんへの指示マニュアル内に記事の転用、リライトを推奨する内容が含まれていた。
という点ですが、

 

・検証が不十分なものはテレビ番組にも山のようにある。
ニュース番組の様に事実だけを淡々と読みあげる番組でさえミスリードは日常茶飯事です。
もう一度言いますが、私はDeNA側も反省するべき点はあると思います。
ただ、TVメディアも同じ穴のムジナだという事。

 

テレビメディアが自分をはるか棚の上に上げて
webメディアを炎上に便乗していじめているようにしか見えません。

 

・リライトについて言えば、
「リライト」という言葉はライターの中では結構当たり前の知識です。
(リライト=文章の本筋、意味は原型を保ちつつ、文脈や記事の言い回しを変える事。)

 

リライトの目的は、
著作権を侵害しない目的というと言うよりは、
コピーコンテンツはグーグルから評価されず、アクセスが集まらないから
リライトするという方が意味合いが強いです。

 

DeNAも
決して著作権侵害を推奨しているわけではないと思いますが、
アクセスアップの為のテクニカルな面にマニュアルが偏って
しまっていたのは運営側の反省点だと思います。

 

私もなるべく実体験を元に記事を書くようにしていますが、
それでも補足情報としての他の記事からの流用や、転記は行います。

どこまでが著作権の問題なのかという議論は本当に難しい所です。

 

私たちがアウトプットする全ての事象は、自分の考えのように見えて
その殆どは、99%は他の媒体からの流用ですしね。

 

その点でDeNAさんの問題は、最近のテレビメディアの傾向に見られる
叩かれすぎの状態に陥っていると思っています。

 

法人として、webメディアをもつと言う事に関して、
今回はこういったリスクがあると言う事を知ることが出来ました。

 

私は外注ライターさんを使う必要はありませんが、
今後外注ライターさんへの記事依頼をしているwebメディアの
記事依頼に関してのマニュアルは
第三社視点からのどう映るのかという配慮が必要になりそうです。

ブログアフィリエイトと自己アフィリエイト


画像著作者:lumachrome
ブログアフィリエイトについて語っているブログですが、

手頃な自己アフィリエイトについても語っておきたいと思います。

 

自己アフィリエイトとは、
自分が持っているブログに広告を載せ、
その広告から登録をして資料を請求したり、
商品などのサービスを購入し、自分で報酬を得る方法のことをいいます。

 

自分で紹介して、自分で利用するという意味で
自己アフィリエイトと呼ばれています。

 

最近では別にアフィリエイトリンクや
バナー等をブログに張るような事もする必要がなく、
ASPサイト内で、自己アフィリエイト案件をまとめて
くれていて、自己アフィリエイトしやすくしています。

 

一見不正行為で、
アフィリエイターにとって利があり
広告主に利が無いようですが、
広告主によってはこうした自己アフィリエイトを
積極的に認めています。

 

アフィリエイター自身にそのサービスを利用して貰い
満足頂ける(リピートに繋がる)と言う策略があるという
事もありますし、(クレジットカード申請や、口座開設系もそれです。)

 

化粧品等は一度自身で自己アフィリで購入頂いて、
実際に効果等をアフィリエイト記事にしてほしいという
思いもあるようです。

 

で、ここで疑問に浮かぶのが自己アフィリエイトは実際稼げるの?
と言う疑問。

 
正直に言えば、一万円位はちょっと自己アフィリエイト
案件をこなせば簡単に稼げますし、
FXの口座開設等一手間かかるものも含めて本格的にやれば、
10万円位は稼げてしまうものです。
アフィリエイターが情報発信を始める時の
実績作りに使われる方法でもあります。

 

注意点としては、
自己アフィリエイトOKと書いている案件のみ利用できること。

 
それ以外で自己アフィリエイトしていることがばれると、
最悪アカウント削除等の憂き目にあいます。
(自己アフィリエイトは調べればすぐにわかります)

 

単発報酬なので、その後も継続的に自己アフィリエイトで
稼げ続けるわけではありませんし、ある程度
自己アフィリエイトこなしてしまったら、通常の
ブログアフィリエイトに移行するのが良いと思います。