ユーチューバーのヒカル 画像著作権違反でウーム、ヒカキンに謝罪

ユーチューバーのヒカル 画像著作権違反でウーム、ヒカキンに謝罪

著作者: Skley

 

私の尊敬しているユーチューバーのヒカルさんが、ユーチューブ動画に使ったサムネイル画像(薄くモザイク加工処理済)にヒカキンさんの画像を引用して使ったということで、ウーム株式会社(ヒカキンさん所属)から著作権侵害行為のお叱りを受け画像の修正と謝罪動画を出しました。(その後、謝罪動画を削除。これもおそらくウームからの指示かな。)

 

 

ヒカルさんはお叱りと可愛いげに言っていますが、こういった場合のお叱りはガクブルレベルのかなり強めの文言で送られてくるものです。重大な違反してますよね+削除しないと訴訟しますよという警告だったと思います。

 

 

ヒカルさんの場合サムネイルにモザイク加工もかけているし、動画の構成の中で軽い洒落として使っているので、著作権侵害に関しては軽微なものでに感じますし、ウーム側の対応がちょっと厳しめな気もしますが、ウームという社会的な責任を背負った大手事務所という事と、ヒカルさんの影響力増大も愛重なって、ヒカルさんの最近の飛ぶ鳥を落とす勢いに警戒感を示しているようにも感じてしまいます。

 

 

私の場合は、ブログという媒体での出来事ですが、同じ様に他サイトからの画像の引用で、著作権違反のお叱(訴訟レベル)という流れを直近で経験していますし、その後和解、ブログ上で謝罪しましたが、先方から謝罪記事は削除して下さいという流れがあり、ヒカルさんとまったく同じ流れだったので、ちょっと親近感が沸きました。

 

ウームの言い分は法の遵守の意味で保護されているものですので、
色々な団体が、Deneのキュレーションサイト著作権侵害事件以来、業界の健全化に動いている節があるので、皆さんも他人事ではないですよ。

 

画像の引用には最新の注意をしましょう。

無料プレゼント

コメントを残す