ゲームで稼ぐ方法 好きをお金に変える技術

 

ゲームで食っていけたら最高だなと考えた高校時代は誰にでもある?

 

子供の頃からやっていることで、
今も残っている趣味のひとつがゲーム。

 

部活やったり、音楽やったりしていても、
サラリーマンしたり、ビジネスしたり、
それでも結局長くやってきているのはゲーム。

 

大人になり多少ゲーム忍耐度は落ちてきているけど、
未だに1週間連続一日3,4時間ぶっ続けで出来る趣味
はゲーム位かな。

 

後の趣味は、
せいぜい週に一回位出来れば十分なレベル。

 

私のゲーム機の遍歴は
ファミコン→スーファミ→セガサターンorプレステor
ドリキャス→PS2→ニンテンドーDSorプレステ3→PS4
という遍歴です。
(ここら辺はもろに年齢が出ますね)

 

就活時期になると、
ゲーム関連で食っていける会社はないか?
一度は考察する内容だと思います。

 

ゲーム関連で稼ぐ方法 ゲーム会社への就職


ゲーム会社への就職。
スクウェア・エニックス、バンダイ、任天堂etc

 

スクウェア・エニックスは私が子供の頃は、
まだ別々の会社で、
FFといえばスクウェア、ドラクエといえば
エニックスで、両社の合併は衝撃とともに
凄くワクワクしたのを覚えています。

 

ゲーム会社に必要なスキルとしては
プログラミング系のスキルor
デザイン系のスキルor
音楽系のスキル等
と「ゲームが好きな事」です。

 

プログラミングなんて
雲の上の存在のように感じる様なスキルかも
しれませんが、専門学校に行って数年しっかり
勉強すれば、ゲーム関連会社で十分通用するもの
を手に入るようです。

 

当然スクウェア・エニックス、バンダイ、
任天堂のような大手に入るには競争倍率は
かなりのものでしょうが、関連会社、子会社、
中小のゲーム会社も候補に入れれば、普通に
就職は出来るレベルです。

 

仮にゲーム関連会社に就職出来なくても、
プログラミング系のスキルは今後小中学校の
必修科目にしようかと言う位これから伸びる
分野のスキルなので、一切無駄になりません。

 

ただ、ゲームが好きでゲーム関連会社に入る
としても、それこそ飽きるというレベル以上
にゲーム関連に触れる事となる事になると思い
ますので、そこら辺の開き直りと、覚悟は必要
だと思います。

 

ゲームの開発途中で行われる
デバック=ゲームを実際にやってみて
バグがないかどうか調査する作業。

 

なんかは、子供の頃テレビで作業風景を見ると
楽しそーとか思ってましたが、

今考えれば、ただの作業以外のなんでもなく
楽しいという感覚なんてないだろーなという
のは分かります。。

 

夢を壊して申し訳ないですが、
結局はサラリーマンですから。。

 

私が推奨するのは、
好きをお金に変えるブログの情報発信とマネタイズです。

 

ただもう一度いいますが、プログラム系のスキルは
今後つぶしが利くスキルになりますので、
ゲーム会社を目指すというのは、
全然ありなゲーム関連で食っていく、稼ぐ方法だと思います。

 

【好材料】自然と身につくプログラミング系のスキルは
他にもつぶしが利く神スキル

【不安材料】大手の競争率は高い、ゲームが好きという
気持ちがなくなるかも。

ゲーム関連で稼ぐ方法 ゲーム実況者、ユーチューバーへの道

 

今やはり熱い市場としては、
ユーチューブチャンネルを開設しての
ゲーム実況+広告収入だと思います。

 

兄者、弟者さんのゲーム実況とか
たまに見ますが、普通にテレビみるより面白い!
平気で一つのゲームの開始~クリアまで見入ってしまいます。

 

これらのトップレベルのゲーム実況者は
月数百万稼いだりしているので、
非常に夢のある「ゲーム関連で稼ぐ方法」だとは思います。

 

誰でも参入出来てしまうハードルの低さは
あるのですが、
ゲームが好きで始めても、
思うように上がらないアクセスや登録者数があがらず
好きなゲームのはずが、動画の編集に追われて、
モチベーション低でやめてしまうというケースもあるようです。

 

他者ユーチューバーさんと差別化を図るような戦略や
センスと閃きが重要な世界だと思います。

 

ゲーム実況に関連する専門学校もあるようなので、
一人でやるよりは、仲間と共に学んだ方が成功は早そう。

プロゲーマーを目指すための専門学校

 

ライバルの増加、業界の飽和はそれなりに気になる所では
ありますが、動画市場は言ってもまだ、マーケティングに
関する競合は緩い状態ではあります。

 

ユーチューブは広告収入ですから、
それで稼ぐ為には、ビジネスとして考えて、
戦略を練り、ファン(リピーター)を獲得し
登録者数とアクセスを伸ばして行かないと行けません。

 

ゲーム実況の場合はトークスキルが大事に思えたりしますが、
どちらかというとキャラ設定と、編集の方が比重が高いと
思います。

 

後、綺麗な(声の良い)女性の方が圧倒的に有利だったりします。

 

プライバシーの問題とかも気にしないといけませんし、
世間体というものもハードルになってくるかもしれません。

 

ユーチューブ広告の単価なんかにも左右される所がありますので、
小さくても良いのでユーチューブ系の事務所なんかに入り、
ゲーム案件の広告(企業案件)を個別に獲得するなど
するとかなり社会的な評価も、収入も安定すると思います。

 

【好材料】趣味と稼ぎが合致したビジネスモデル、
動画市場はまだまだ競合が緩い状態の為、
キャラがうまくハマれば稼ぎがブレイクする可能性もある。

【不安材料】 広告単価の変動(縮小)、世間体、長期的なライバル増加

この分野は私の提唱する情報発信+マネタイズと
非常に親和性の高いものではあります。

ゲーム関連で稼ぐ方法 プロゲーマーになる

日本だとかなりレアな存在になるのですが、
プロゲーマーと呼ばれる職業もあります。
アーケードゲーム等の大会は日本でもあるのでしょうが、
その賞金額は海外であれば数億円という大会もあります。

 

そういった賞金で生計を立てている人の事を
プロゲーマーと呼んでいます。

 

日本で言えば梅原大吾さんが有名ですが、
レア中のレアな存在だと言えます。

 

完全な実力主義の業界になりますが、

 

それでも先に紹介した様にプロゲーマー養成
学校が設立されたりして、日本においても
プロゲーマーの土壌が出来つつあるようです。

 

ある程度の知名度になれば、スポンサー等も
ついてくるでしょうし、
突き抜けさえ出来れば大きく稼げる職種だと思います。

 

ただ、有名になるまでが大変かと。

 

いくら極めたゲームがあったとしても、
一過性に過ぎず、ゲームもシリーズが
変われば、戦略、操作性も変わります。

 

常に変化も求められます。
(反射神経や、器用さという不変で応用の利く
分野を鍛えていくのかもしれませんが)

 

【好材料】ゲーマーの夢のゲーム世界王者を目指せる。
知名度さえ上がれば、色々なビジネスに展開可能。
【不安材料】つぶしが利かないスキルの為、
運の要素が強すぎる。極めたゲームが廃盤になったら・・

ゲーム関連で稼ぐ方法 広告掲載で収入を得る(アフィリエイト)

ゲームに関連する記事をブログやSNSで投稿し、アクセスを
集めて広告報酬(アフィリエイト)を得るweb集客を活用した収益方法。

 

形態は様々ですが、例としてあるゲームに関連する
攻略方法サイト制作などです。

 

そうすると膨大なアクセスを呼び込むことが出来ます。
その訪問アクセスに対して、企業側から広告報酬をもらいます。
アクセスをお金、収入に変えるのがアフィリエイトの基本です。

 

webサイトというものは一度作ってしまえば、
あなたが遊んでいようが、眠っていようが、
稼働してくれてお金を作り出してくれる
キャッシュマシーンに代わります。

 

収入額はアクセス次第ですので、自分のペースで
収入をコントロールする事が出来ます。

 

ゲームアフィリエイトでを学びには
・稼ぎやすい分野選定
・アクセス獲得方法、
・集客媒体の育てかた、
・収益を大きく増やす方法
が学べるコチラの教材がオススメです。↓
GTAゲーム特化型トレンドアフィリエイト

 

【好材料】自分のペースで進めることが出来る。戦略性次第で大きく稼げる。
【不安材料】飽きやすい人には向かない方法かも・・。

ゲーム関連で稼ぐ方法 ゲームショップ、ゲーセンで働く


ゲームショップやゲーセンで働く。

企業レベルで無く地元のゲームショップやゲーセンで
アルバイトとして働く。

 

明日からでも即実践できる、ゲーム関連で食べていく方法です。

 

稼げる額は低いかもしれませんが、
気軽にゲームと関わって行くことが出来ます。

 

こういう職種で働いている人とかの方が生涯の幸福度は高かったりします。

 

幸せ度調査
アルバイト・パート>正社員>派遣社員
らしい。

 

さらに言うならそういった職種でゲーム関連のコアな知識を学んで、
同時にカード転売やユーチューブ配信、ブログ記事等に展開して副収入を
得るという方が大きな利益が見込めそうです。

 

【好材料】明日からでも実践できる方法、
小さな一歩として非常にお勧めできる方法です。
【不安材料】それ単体では大きな稼ぎを見込めません。
戦略を学びましょう。

ゲーム関連で稼ぐ方法 ゲーム関連転売で稼ぐ

 

知識さえあれば転売(せどり)というのも、

ゲーム関連で大きく稼ぐ手段です。

 

リアル店舗、ネットショップ、大手販売店、
地方の販売店でのゲーム関連商品の値段差を把握し、
その差額を得ると言う手段。

 

圧倒的な知識が必要になりますが、
カードや古いゲームなんかは、値段設定が曖昧で
1万を越える高額な物も存在し、
在庫スペースもあまり取らず値段差はかならず発生
しているものなので、面白い収益方法だと思います。

 

コメントは受け付けていません。